嘘とセフレ ネタバレ6巻【あの日の事実が明らかに!】

人気漫画『嘘とセフレ』6巻のネタバレを書いていきます。

試し読みはこちら

嘘とセフレ ネタバレ6巻

京太郎は花菜とセックスをしに彼女のベッドへ向かいますが……

由紀の隣で花菜とセックス!

さすがにイチモツを入れられて起きた花菜。隣にいる由紀が起きるからと拒みます。

しかし京太郎は構わずセックスを続けようとします。さらに服も脱がせ、花菜は声を押し殺しながらセックスすることに。

今日は中はダメな日らしく、外に出した京太郎。由紀にバレていないと思いホッとした表情を浮かべます。

二手に分かれて波乱の予感?

京太郎と花菜はシャワーへ。そんな二人の様子を見た由紀は……

翌日、4人は朝食の後散歩へ行くことに。実は事前に本田から由紀と二人になれるように根回しをされていた京太郎。花菜とセックスできたのは彼のおかげである以上、断るわけにもいきませんでした。

そして花菜&京太郎組と由紀&本田組に分かれることになりました。

あの日の真実とは?

京太郎は森の中で花菜とエロいことをしようとします。

一方の本田と由紀。本田は由紀を後ろから抱きしめ、もっと仲良くなりたいと言います。しかし由紀にはその気はないもよう。

実は彼らが初めて会ったあの日、本田と由紀はセックスをしていませんでした。京太郎が電話をしたとき、本田がセックスをしていた相手はデリヘルの女の子。この旅行に来たのも京太郎が来るからとのことでした。

由紀が本田から離れて歩いていると、セックスをしている花菜と京太郎の姿が……!?

嘘とセフレ 6巻の感想

本田と由紀がセックスをしていなかったことが判明。あの時のセックスの相手はデリヘル嬢だったのね。

由紀の反応を見る限り、彼女は京太郎のことが好きなのか(青春)?でも花菜とセックスしてるのバレたしなぁ……

さすがに京太郎のクズっぷりが目立つようになってきましたね。今後の展開が気になります。

↓嘘とセフレを無料・お得に読む方法はこちら↓

嘘とセフレは無料で読める?ネタバレも紹介!【エロさで話題の韓国漫画】
このサイトは『嘘とセフレ』専門サイトです。 『嘘とセフレ』は原作:タルチョー先生、作画:kyun ja先生による漫画。 「kyun ja」は「きょんじゃ」と読みます。タルチョー先生は『生残賭博』でも有名です。 名前からするとどち...
タイトルとURLをコピーしました